98381 相模鉄道 11000系基本セット(4両)

NTO1865

13,200円(税込)

定価 16,500円(税込)

購入数

◆実車ガイド
・相模鉄道は神奈川県 横浜〜海老名間の本線と二俣川〜湘南台間のいずみ野線を旅客営業する鉄道です
・2019年には西谷〜羽沢横浜国大間が開通し、JR線との直通運転を開始しました
・同社の11000系は2009年に登場した通勤電車で、JRのE233系をベースに先頭部は独自のデザインとなりました
・車体には相鉄グループのグループカラーであるブルーとオレンジの帯が配されています
・本形式はJR線への直通運転は行っていませんが、本線およびいずみ野線全線で活躍しています
 
◆製品化特徴
・先頭車車体を新規製作で再現
・「SOTETSU」ロゴは印刷済み
・新モーター(M-13)採用
・<98381>基本セットと<98382>増結セットで10両フル編成が再現可能
・先頭車スカートは専用パーツで再現
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「特急 横浜」装着、交換用印刷済みパーツ付属
・車番は選択式で転写シート対応(基本セットに付属)
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板採用
・ヘッド・テールライト、前面表示部は白色LEDによる点灯
・先頭車運転台側のみダミーカプラー装備
・フライホイール付動力、新集電システム、黒色車輪採用
<特記事項>
・<92382><92383>は生産中止となります
 
リニューアル相鉄11000系はどこが変わる?
POINT:1
先頭車車体を新規製作し相鉄独自のデザインを再現
POINT:2
先頭車運転台側はダミーカプラーに変更し、より実感的に再現
POINT:3
2019年発売の商品から採用した新モーター(M-13)を本製品でも採用
 
【原産国:日本】
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0733>LC(白色)
 TNカプラー:<0374>密自連形
 
●並べて楽しめるお薦め商品●
 相模鉄道 12000系 5月発売予定
 JR E233系(埼京・川越線) 7月発売予定
 
■セット内容・編成例
 ←海老名・湘南台  横浜→
 (10)11900 + (9)11800 + (8)11700P + (7)11600 + (6)11500 + (5)11400 + (4)11300(M)P + (3)11200 + (2)11100P + (1)11000
 太字下線部:基Set
 下線部:増Set

レビューはありません。

カテゴリーから探す