4556 サハ481 初期形

NKA0853

1,760円(税160円)

定価 2,200円(税200円)

購入数

<実車>
国鉄の特急電車といえば「ヨンパーゴ」の愛称で親しまれ、四国を除く全国で活躍した485系特急形交直流電車が有名です。初期形「雷鳥」につづき、昭和40年(1965)10月に東北本線初の電車特急として、上野-仙台間を結ぶ特急「ひばり」に投入され、おなじみのボンネットスタイルで活躍しました。
昭和43年(1968)10月の東北本線全線複線電化のダイヤ改正(通称:ヨンサントオ)では、上野寄り先頭車に、特徴的な先頭グリーン車のクロ481が登場。最多期には15往復もの特急「ひばり」が行き交い、東北新幹線開業まで活躍しました。
KATOでは、「雷鳥」に続く関東での交直流ボンネット特急の嚆矢である特急「ひばり」を製品化いたします。東北特急ならではの先頭グリーン車 クロ481、モハ484後期形に車掌室を設置した600番台を加えて、東北新幹線開業前の在来線特急華やかりし時代を再現いたします。また12両編成を再現できるようサハ481も単品で製品化いたします。

<製品の詳細>
1.特急「ひばり」。東北本線の上野-仙台間を結び、最盛期には15往復が活躍した485系特急形交直流電車の名列車を再現。
2.初期形のボンネット形先頭車に、新たに新形式クロ481 100番台を追加。小窓が並ぶ独特の雰囲気の先頭グリーン車を再現。
3.さらに中間電動車のモハ484に、車掌室を設置した600番台を新たに設定。東北特急ならではの編成を再現。
4.「ひばり」「やまびこ」の東北特急12両編成や最長の13両編成を再現するために組込む、サハ481初期形を新たに単品で設定。
5.長編成化には、既発売の2両増結セット 後期形/初期形(#10-1129/10-1130)を購入、追加することにより再現可能。
6.9両編成で活躍した磐越西線の特急「あいづ」と、共通運用の常磐線の特急「ひたち」も、2両増結セットを追加することで再現。
7.編成中間連結部には、ボディーマウント式のKATO密連カプラーを標準装備。実感的な車体間隔と走行を実現。
8.先頭車のクロ481、クハ481には ヘッド/テールライト標準装備。列車愛称板も点灯。「ひばり」(文字)が標準で装着済。
9.基本セットには交換用の列車愛称板、「やまびこ」「やまばと」「あいづ」「ひたち」(すべて文字)が付属。東北本線特急の再現が可能。
10.側面の号車番号/方向幕は各列車に対応したシールが付属。種別サボ「特急」は印刷済。
11.パッケージは、基本セットが7両ブックケース入。サハ481初期形は単品クリアケース入。


●485系初期形「ひばり」 編成例  ※昭和50年(1975)3月ダイヤ改正時の編成です。
 ◇特急「ひばり」 上野-仙台   ←上野  仙台→

 1号車 クロ481-102 + 2号車 モハ484 後期形P #10-1129 + 3号車 モハ485 後期形 #10-1129 + 4号車 モハ484-53P + 5号車 モハ485-53 + 6号車 サシ481-15 + 7号車 サハ481-13 初期形 + 8号車 モハ484-604-M-P + 9号車 モハ485-225 + 10号車 モハ484 初期形P #10-1130 + 11号車 モハ485 初期形 #10-1130 + 12号車 クハ481-104

 太字下線部:基本セット  下線部:増結セット  太字:単品

 12両編成は「ひばり」のほか、「やまばと」(上野-山形)、「ひたち」(上野-平・原ノ町・仙台)で活躍していました。
 最長の13両編成は、1号車クロ481と2号車モハ484との間にグリーン車のサロ481を加えます。(ひとつづつ号車がずれます。)

■関連製品
 関連車両:4570 サロ481 後期形
 室内灯:11-211(11-212)LED室内灯クリア(6両)
     11-213(11-214)LED室内灯クリア(電球色)(6両)
 トレインマーク:11-324 トレインマーク485系 ボンネット用(国鉄・イラスト)
         28-210 トレインマーク485系 ボンネット用(国鉄・文字) ※ホビーセンターカトーの取扱商品です。

イメージはありません。

カテゴリーから探す