10-1130 485系初期形 2両増結セット

NKA1392

3,344円(税304円)

定価 4,180円(税380円)

購入数

■商品紹介
●国鉄を代表する特急電車の485系を再生産いたします。
昭和39年(1964)に登場した481系交直流特急電車を先駆けとし、昭和43年(1968)に交流の50/60Hz両用を走行可能な485系が開発され、北海道から九州まで、四国を除く全国で地域間輸送に大きく貢献しました。
先頭車クハ481のスタイルは、ボンネット形から始まり、前面貫通形の200番台を経て、非貫通の300番台で完成されたスタイルとなり、国鉄特急の顔として親しまれました。

◆中間車のモハ484/485・サロ481・サシ481は、昭和47年(1972)からクーラー形式の変更により屋根上のスタイルが大きく変わっています。基本セットに、後期形/初期形と2種の増結セットを組み合わせて、様々な編成でお楽しみいただけます。
◆今回の製品は再生産になります。
仕様については従来製品からの変更はありません。

■製品特長
(1)国鉄時代を代表する特急電車の485系。イラストヘッドマークとなった昭和53年(1978)10月ダイヤ改正以後の全盛期の形態を再現。
(2)基本セットの先頭車クハ481は、“電気釜”の愛称で親しまれた非貫通形の300番台を再現。
(3)中間車のモハ484/485・サロ481・サシ481は、後期形のAU13E(モハ484はAU71A)クーラー搭載の姿を再現。
(4)増結セットは中間電動車モハ484/485を2両セットで、初期形と、200番台と呼ばれる後期形の2種を用意。初期形はきのこ形クーラーAU12、後期形はモハ484が集中形クーラーAU71A、モハ485が分散形AU13Eを搭載した姿を再現。
(5)各車の中間連結部には、ボディマウントタイプのKATOカプラー密連形を標準装備。
(6)フライホイール付動力ユニット採用で、安定した走行を実現。
(7)先頭車300番台クハ481の先頭部はダミーカプラー。着脱式の連結器カバー(クリーム色)を装着。
(8)先頭車300番台のトレインマーク変換装置には、イラストの「ひばり」「ひたち」「白鳥」「しらさぎ」の4種を設定。
(9)基本セットには、各特急列車を再現できる側面方向幕・号車番号をフル編成分収録したシールが付属。
(10)単品のクハ481 100 は、ボンネットスタイルの先頭車。電動発電機(MG)の出力が強化された100番台を製品化。
(11)単品のクハ481 100 は、ヘッドマークは「ひばり」(文字)を装着済。

■485系300番台 セット構成
 「ひばり」 ←上野  仙台→
 「白鳥」  ←大阪  青森→

  1号車 クハ481-333 + 2号車 モハ484-232-M-P + 3号車 モハ485-128 + 4号車 モハ484-298P + 5号車 モハ485-196 + 6号車 サロ481-99 + 7号車 サシ481-50 + 8号車 モハ484-94P + 9号車 モハ485-94 + 10号車 モハ484P + 11号車 モハ485 + 12号車 クハ481-350

  太字下線部:6両基本セット  下線部:後期形 2両増結セット  太字:前期形 2両増結セット

  斜体字:2両増結セット(初期形or後期形)をもう1セット組み込みます。

 ・単品製品
  クハ481-103
  サハ481-13
  サロ481-72

 ※別売の11-325 トレインマーク変換装置485系300番台用(国鉄・イラスト)をお求めいただくと、「いなほ」「鳥海」「はつかり」「やまびこ」としての再現も可能です。

■485系300番台 編成例
 ・「白鳥」 昭和53年10月ダイヤ改正以前
  ←新潟  大阪・青森→

  クハ481 + サロ481 + サロ481 + モハ484P + モハ485 + モハ484-M-P + モハ485 + サシ481 + モハ484P + モハ485 + モハ484P + モハ485 + クハ481

 ・「ひばり」「ひたち」
  ←上野  仙台・平→

  クハ481 + モハ484P + モハ485 + モハ484-M-P + モハ485 + サロ481 + サシ481 + モハ484P + モハ485 + モハ484P + モハ485 + クハ481

 ・「しらさぎ」 昭和54年(1979)頃 ※米原〜名古屋間逆編成
  ←名古屋  富山・金沢→

  クハ481 + モハ484P + モハ485 + サロ481-47 + サロ481 + サシ481 + モハ484-M-P + モハ485 + サハ481-13 + モハ484-65P + モハ485-65 + クハ481

  ※太字下線部は10-242 485系「雷鳥」4両増結セットと組み合わせることで再現可能です。
  ※別売の11-325 トレインマーク変換装置485系300番台用(国鉄・イラスト)をお求めいただくと、「雷鳥」としての再現も可能です。

 ・「しらさぎ」 昭和60年(1985)以降 ※米原〜名古屋間逆編成
  ←名古屋  富山→

  クハ481 + モハ484P + モハ485 + サロ481 + モハ484-M-P + モハ485 + クハ481

  ※別売の11-325 トレインマーク変換装置485系300番台用(国鉄・イラスト)をお求めいただくと、「加越」「北越」としての再現も可能です。

■セット内容
 6両基本セット
  クハ481-333
  サロ481-99
  モハ484-232 -M-
  モハ485-128
  サシ481-50
  クハ481-350

 後期形 2両増結セット
  モハ484-298
  モハ485-196

 前期形 2両増結セット
  モハ484-94
  モハ485-94

 単品
  クハ481-103
  サハ481-13
  サロ481-72

■パッケージ/サイズ
 6両基本セット
  6両ブックケース

 2両増結セット
  2両紙箱

 単品
  クリアケース 401

■付属品
 6両基本セット
  行先表示シール
  ドライバー

 後期形2両増結セット
  -

 前期形2両増結セット
  -

 クハ481 100
  アンテナ
 サハ481 初期形
  -
 サロ481 後期形
  -

■関連オプションパーツ
 11-211/212 LED室内灯クリア/(6両分入)
 11-321 トレインマーク 485系300番台

■関連製品
 6113〜6117 キハ58系 各種 10-1147/1148 181系「とき・あずさ」 10-1550 12系急行客車 国鉄仕様
 22-241-2 サウンドカード<485系> 22-102 サウンドボックス(サウンドカード別売)

イメージはありません。

レビューはありません。

カテゴリーから探す