10-530 151系「こだま・つばめ」8両基本セット

NKA1577

16,720円(税込)

定価 20,900円(税込)

購入数

■商品紹介
●国鉄初の電車特急として高い人気を誇る151系「こだま・つばめ」を再生産いたします。
昭和33年(1958)にビジネス特急「こだま」としてデビューした151系は、これまでの「特急=客車」の時代から、近代的で快適な電車特急の時代をもたらすとともに、東京〜大阪間を6時間50分で結び、同区間の日帰りを初めて可能にしました。151系最大の特徴は運転台を高い位置に設けたボンネット形状の先頭部で、流麗なスタイルを誇るこのデザインは、のちに登場する車両に大きな影響を与えました。
製品は「パーラーカー」と呼ばれるクロ151を含んだセット構成になります。同車の定員はわずか18名で客車の展望車にも匹敵する豪華な設備を誇りました。
日本の鉄道史に名を刻む名車151系をコレクションにお加えください。1月発売のスハ44系特急「はと」、4月発売の0系2000番台新幹線とともに東海道筋・山陽の名門特急列車の進化の系譜を辿ってみてはいかがでしょうか。
 
◆今回の製品は再生産になります。
仕様については従来品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)プロトタイプは151系の最盛期を象徴するクロ151を組み込んだ昭和38〜39年(1963〜1964)頃の編成。
(2)高運転台と美しいボンネット形状が特徴のクロ151、クハ151の前頭部や、485系に比べ床面高が低い151系をリアルかつ的確に再現。
(3)赤とクリームの特急色に塗り分けられた塗色や、JNRマーク(クロ151、クハ151)、車体ナンバー、車体表記を美しく再現。
(4)種別サボ「特急」、列車愛称サボ「こだま」、号車番号、行先サボ「東京←→大阪」の他、エンド表記、車番、一等車表記を印刷で表現。
(5)モハシ150は、初期グループをプロトタイプにAU11クーラーや列車無線送受信円形アンテナを再現。
(6)サロ151、サシ151の妻面に回送運転台、サロ150の屋根上に6連のラジオアンテナを再現。
(7)先頭車のバックミラーを再現。
(8)ヘッドライト(運転台上ライト含)・テールライト・トレインマーク点灯。
(9)ヘッドマークは、「こだま」を取付済み。交換用に上下にグレーの帯が入った「つばめ」のヘッドマークや、「はと」「富士」「うずしお」を付属。
(10)フライホイール搭載動力ユニットを採用。DCCフレンドリー。
(11)中間連結面のカプラーはボディマウント式フック付密連カプラー。
 
■151系「こだま・つばめ」 セット構成
 ←大阪・宇野  東京→
 1号車 クロ151-5 + 2号車 モロ151-5P + 3号車 モロ150-5 + 4号車 サロ151-5 + 5号車 サシ151-5 + 6号車 モハシ150-5 + 7号車 モハ151-5 -M-P + 8号車 サハ150-17 + 9号車 サハ150-5 + 10号車 モハ150-5 + 11号車 モハ151-15P + 12号車 クハ151-5
 太字下線部:8両基本セット
 下線部:4両増結セット
 
■セット内容
 8両基本セット
  クロ151-5
  モロ151-5
  モロ150-5
  モハシ150-5
  モハ151-5 -M-
  サハ150-17
  サハ150-5
  クハ151-5
 4両増結セット
  サロ151-5
  サシ151-5
  モハ150-5
  モハ151-15
 
■パッケージ/サイズ
 8両基本セット
  8両ブックケース
 4両増結セット
  4両ブックケース
 
■付属品
 8両基本セット
  交換用ヘッドマーク×2
  行先表示シール
 4両増結セット
  行先表示シール
 
■関連オプションパーツ
 11-211/212 LED室内灯クリア/(6両分入)
 
■関連製品
 10-1700/1701 0系2000番台新幹線「ひかり・こだま」 10-1659/1660 スハ44系 特急「はと」
 3020-4 EF58 初期形 大窓 茶 2017-7/2017-8 C62東海道形/C62 2東海道形
 10-1299/1300 155系修学旅行電車「ひので・きぼう」

レビューはありません。

カテゴリーから探す