3049-2 EF58 150 宮原機関区 ブルー

NKA1573

5,720円(税込)

定価 7,150円(税込)

購入数

■商品紹介
●EF58の中でも人気の高い150号機を再生産いたします。
EF58 150号機は昭和33年(1958)3月東芝府中工場で製造され、東海道本線から山陽本線へと電化が進む幹線の特急牽引用として、宮原機関区、宮原運転所(現在の宮原総合運転所)を起点に長い間活躍し続けました。現在は京都鉄道博物館で静態保存されています。
 
◆東海道・山陽本線でブルートレインや郵便・荷物列車を牽引した国鉄時代、宮原機関区所属時代のブルーに塗装された姿をプロトタイプにした製品です。様々な客車列車・荷物列車の牽引機としてお楽しみいただけるほか、同時発売予定の10-1670 客車編成セット 寝台急行「きたぐに」の牽引にもおすすめです。
 
◆今回の製品は再生産になります。
仕様については従来製品からの変更はありません。
 
■製品特長
(1)昭和50年代、宮原機関区時代をプロトタイプに製品化。
(2)一般色と呼ばれるブルー塗装の姿を再現。屋根はブルー塗装。
(3)ナンバープレート、メーカーズプレートは車体一体表現。
(4)エッジの利いた前面中央の鼻筋、低い位置に取り付けられたヘッドマークステー、分割のない前面ステップなどの特徴を再現。
(5)乗務員扉下部のカバン掛け・手すりは無い状態を再現。
(6)パンタグラフはPS15(黒)を搭載。
(7)車体各部表記をリアルに再現。
(8)フライホイール搭載動力ユニット採用で、安定した走行が可能。
(9)ヘッドライト点灯。
(10)アーノルドカプラー標準装備(KATOナックルカプラー付属)。
 
■EF58 150 宮原機関区 ブルー 編成例
 ・寝台急行「きたぐに」(大阪〜米原間)
  EF58 150 + マニ37 2012 + オユ10 2051 + スロ54 2036 + スハフ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハ12 + オハフ13 + オハネフ12 2010 + オハネフ12 2079 + オロネ10 2067 + オハネフ12 2018 + オハネフ12 2080
  ※10-1670 客車編成セット 急行「きたぐに」と10-1550/5302/5304 12系急行形客車 国鉄仕様 との組み合わせで再現可能です。
 ・臨時列車の例
  EF58 150 + 12系 急行形客車 国鉄仕様
 ・荷物列車のイメージ
  EF58 150 + マニ44 + マニ50 + マニ44 + スユ44 + スユ15 + オユ14 + ワキ8000 + ワキ8000 + マニ50 + マニ44 + マニ44
  ※10-1590 郵便・荷物列車「東海道・山陽」後期編成 6両セットと単品製品の組み合わせで再現可能です。
 
■セット内容
 単品
  EF58 150
 
■パッケージ/サイズ
 EF58 150
  クリアケース 401
 
■付属品
 EF58 150 宮原機関区 ブルー
  信号炎管
  ニギリ棒
  ホイッスル
  交換用ナックルカプラー
 
■関連オプションパーツ
 -
 
■関連製品
 10-1670 客車急行セット 寝台急行「きたぐに」 10-1550、5302、5304 12系急行形客車 国鉄仕様 各種
 3081 EF70 1000 国鉄時代客車、荷物車各種

レビューはありません。

カテゴリーから探す