98090 キハ58系ディーゼルカー(盛岡色)セット(2両)

NTO1958

9,416円(税込)

定価 11,770円(税込)

購入数

◆実車ガイド
・キハ58系は、国鉄が製造した急行形ディーゼルカーで1964年に登場しました
・JR東日本に継承され盛岡に配属された車両は、白をベースに赤い帯を入れた、盛岡色と呼ばれる塗装に変更されました
・盛岡〜釜石間を結ぶ急行「陸中」には、国鉄時代より冷房付きの車両が集中的に使用され、JR化後は順次盛岡色になりました
・「陸中」にはキハ58-1500形も冷改された姿で活躍しました
【文責:トミーテック】
 
◆製品化特徴
<共通>
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッド・テールライト、前面表示部は電球色LEDによる点灯
・前面表示部はカラープリズムの採用により白色に近い色で点灯
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ「急行」「快速」「普通」「(白地)」を付属
・Hゴムはグレーで再現
・車番は選択式で転写シート付属、JRマークは印刷済み
・フライホイール付動力、新集電システム、黒色車輪採用
・M-13モーター採用
・TNカプラー(SP)標準装備
 
<98090>について
・キハ58-0形とキハ58-400形の非冷房車2両による盛岡色セット
・キハ58-0形に動力ユニット搭載
 
<98416>について
・急行「陸中」用のキハ58系冷改車3両セット
・キハ58-400形に動力ユニット搭載
・T車のキハ58形はパノラミックウインドーの1500番代で再現
・キハ28形は2000番代で、回転式タイフォンの形状を前面新規製作で再現
 
※モーターが異なるので、既製品各種との連結にはご注意ください
 
【原産国:日本】
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0733>LC(白色)
 
●並べて楽しめるお薦め商品●
 キハ40系盛岡色
 
■セット内容・編成例
  キハ58 0(M) + キハ58 400
  下線部:Set<98090>
 ●急行「陸中」*花巻で方向転換
  ←花巻  盛岡・釜石→
  キハ58 400(M) + キハ28 2000 + キハ58 1500
  下線部:Set<98416>

イメージはありません。

レビューはありません。

カテゴリーから探す