98399 103系通勤電車(初期型非冷房車・スカイブルー)基本セット(3両)

NTO1905

12,144円(税1,104円)

定価 15,180円(税1,380円)

購入数

◆実車ガイド
・京浜東北線には従来の72・73形の置き換えのため、1965年より103系が投入され10両編成を組んで活躍しました
・1970年代のATC化準備に伴い、初期に投入された車両は中央本線の名古屋口や阪和線に活躍の場を移していきました
【文責:トミーテック】
 
 POINT:1
  先頭部のTNカプラーは開口部の狭いものを採用
 POINT:2
  中間車端部にも空気配管を再現
 POINT:3
  72・73形で採用したATS車上子のパーツを付属
 
◆製品化特徴
<共通>
・ハイグレード(HG)仕様
・車端部の空気配管を立体的に再現
・JRマーク・車番は選択式で転写シート対応(基本セットに付属)
・TNカプラー(SP)標準装備
 
<98399について>
・前面下部に通風口のある姿で再現
・クハ103はジャンパ栓受けのない500番代を再現
・ヘッド・テールライト、前面表示部は電球色LEDによる点灯
・前面表示部はカラープリズムにより白色に近い色で点灯
・前面表示部は交換式で印刷済みパーツ付属
・ATS車上子は別パーツで再現
・フライホイール付動力、新集電システム、黒色車輪採用
・M-13モーター採用
 
<98400について>
・モハ102は動力なしのトレーラー仕様
 
<特記事項>
・<92514><92515><8961>は生産中止となります
 
【原産国:日本】
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0733>LC(白色)
 
●並べて楽しめるお薦め商品●
 72・73形通勤電車 基本・増結セット 9月発売予定
 
■セット内容・編成例
 ●京浜東北線(1974年頃)
  ←大宮  大船→
  (10)クモハ103 0 + (9)モハ102 0(M) + (8)クハ103 500 + (7)クモハ103 0P + (6)モハ102 0(M) + (5)サハ103 0<9008> + (4)サハ103 0<9008> + (3)モハ103 0P + (2)モハ102 0(T) + (1)クハ103 500
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
  普通字:単品
  ※この編成では、<98399>基本セットを2セット使用します。
 ●阪和線(1978年頃)
  ←天王寺  和歌山→
  (6)クモハ103 0P + (5)モハ102 0(M) + (4)サハ103 0<9008> + (3)モハ103 0P + (2)モハ102 0(T) + (1)クハ103 500
  太字下線部:基Set
  下線部:増Set
  普通字:単品

レビューはありません。

カテゴリーから探す