98401 115-1000系近郊電車(湘南色・冷房準備車)セット(3両)

NTO1901

11,440円(税1,040円)

定価 14,300円(税1,300円)

購入数

◆実車ガイド
・115系は113系近郊電車を元に、勾配線区向けとして登場しました
・1000番代はシートピッチ拡大や、耐寒耐雪構造を強化したグループで1977年に登場しました
・1000番代が初めに投入された信州、新潟地区の車両は冷房準備車として屋根上のクーラー取付部を蓋でカバーした姿が特徴でした
・115系はクモハ115形・モハ114形・クハ115形の3両編成が最短編成でしたが、2両編成が組めるよう改造でモハ114形に運転台を接合したクモハ114が誕生、2両編成による単独運用から3両編成などと連結しての運用にも使用されました
・クモハ115形+クモハ114形の編成も登場時は冷房準備車の状態で湘南色を纏っていました
【文責:トミーテック】
 
◆製品化特徴
<共通>
・屋根はクーラー搭載部分に蓋がされた冷房準備車の姿で再現
・クモハ115形とクハ115形の前頭部側ベンチレーターは大型の箱型を取付
・パンタグラフはPS23装着
・ヘッド・テールライト、前面表示部は常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付き
・ヘッド・テールライト、前面表示部は電球色LEDによる点灯
・車番とJRマークは選択式で転写シート対応
・前面表示部は選択式でシール付属
・フライホイール付動力、新集電システム、黒色車輪採用
・M-13モーター採用
・運転台側はTNカプラー(SP)装備
 
<98082>について
・クモハ114形とクモハ115形の2両編成セット
・パンタグラフ付のクモハ114形に動力ユニット搭載
・クモハ115形はオリジナルの1000番代で再現
 
<98401>について
・クモハ115形とモハ114形とクハ115形の3両編成セット
・パンタグラフ付のモハ114形に動力ユニット搭載
 
<特記事項>
・<92407>は生産中止となります
 
【原産国:日本】
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0731>C(白色)
 室内灯:<0733>LC(白色)
 
■セット内容・編成例
 ●大糸線(1989年頃)
  ←松本  南小谷→
  (1)クモハ115 1000 + (2)モハ114 1000(M)P + (3)クハ115 1000 + (4)クモハ115 1000 + (5)クモハ114 1500(M)P
  太字下線部:Set<98401>
  下線部:Set<98082>
 
一緒に並べて楽しめるお薦め商品!
 <98031> JR EF63形電気機関車(1次形・2次形・青色)セット
 <92389> JR 115 1000系近郊電車(信州色)セット

レビューはありません。

カテゴリーから探す