98384 485系特急電車(くろしお)セット(4両)

NTO1881

14,080円(税1,280円)

定価 17,600円(税1,600円)

購入数

◆実車ガイド
・紀勢本線の特急「くろしお」には、1985年の急行「きのくに」の特急格上げに際し、短編成化された485系が投入されました
・「くろしお」用編成には、分割併合に備えて簡易貫通扉を設置したサハ481改造のクハ480-0が組み込まれ、一部の列車では天王寺―白浜間で2編成を併結した8両編成で運行されました
・クハ480形は改造種車の違いから、搭載されるクーラーにAU12形とAU13形の2種類が存在しました
・「くろしお」における485系の運用は1986年11月に終了し、これらの車両は他線区へと活躍の場を移しました
【文責:トミーテック】
 
◆ここがポイント
 POINT:1
  スリット形タイフォンで前面貫通扉を装備したクハ480形を新規作成で再現
 POINT:2
  クハ480はAU12形クーラーを搭載
 POINT:3
  ATS車上子パーツ付属、先頭車両に取り付け可能
 
◆製品化特徴
・ハイグレード(HG)仕様
・新モーター(M-13)採用
・JNRマークは印刷済み
・車番は選択式で転写シート付属
・Hゴムはグレーで再現
・ヘッド・テールライト、トレインマークは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・ヘッド・テールライト、トレインマークは電球色LEDによる点灯
・トレインマークはカラープリズムの採用により白色に近い色で点灯
・印刷済みトレインマーク「くろしお」装着済み、「急行」付属
・フライホイール付動力、新集電システム、黒色車輪採用
・TNカプラー(SP)標準装備
 
【原産国:日本】
 
<別売りオプション>
 室内灯:<0733>LC(白色)
 
■編成例
 ●特急「くろしお」(1985年3月〜1986年11月)
  ←新宮・白浜  天王寺→
  (1)クハ481 200 + (2)モハ484(M)P + (3)モハ485 + (4)クハ480 0 + (5)クハ481 200 + (6)モハ484(M)P + (7)モハ485 + (8)クハ480 0
  下線部:Set
  ※この編成では、2セット使用しています。

レビューはありません。

カテゴリーから探す