鉄コレ 相模鉄道7000系 8両セット

NTC1947

10,208円(税928円)

定価 12,760円(税1,160円)

購入数

昭和・平成・令和に歴史を刻んだ
相模鉄道7000系 鉄コレ製品化!!

相模鉄道の相鉄線は、横浜〜海老名間(本線)24.6kmと、二俣川〜湘南台間(いずみ野線)11.3kmの合計35.9kmの旅客線と、2.2kmの貨物線の合計38.1kmで営業しており、沿線の住宅地と横浜市中心部を結ぶ都市型鉄道です。
また、2019年11月30日より相鉄・JR直通線が開業し、新宿方面への直通運転が開始され話題となっております。
7000系は1975年から2019年まで在籍した形式で、それまでの鉄製の車両とは異なるアルミ車体としたため、軽量で腐食しにくい経済的な高性能電車として長きに渡り活躍した車両です。
鉄道コレクションでは、相模鉄道7000系を8両セットと、お手軽にコレクションいただける4両セットの2種類を製品化!どうぞご期待ください!

別売りパーツの動力ユニットはTM-17、走行用パーツはTT-04Rを指定、パンタグラフは<0249>PT-7113-Bを推奨しています。
※展示用台座は付属しません。
 
パッケージサイズ(予定)4両:W170mm×H250mm×D30mm
            8両:W170mm×H250mm×D65mm

8両セットは、最後まで在籍した編成の車番が印刷済み
4両セットと8両セットで、行先と種別は異なる印刷となります
 
←横浜  海老名・湘南台→
7710 + 7125P + 7126P + 7505 + 7602 + 7107P + 9701 + 7108P + 7509
太字下線部:4両セット
 
4両セットには車番を変えることができるシールをセット。
お好みの編成を再現しよう!
 
TOMIXの相模鉄道11000系や、2020年5月発売の新製品 相模鉄道12000系と並べたイメージもお楽しみください!
 
別売りのNゲージ走行用パーツと動力ユニットを使用することにより、Nゲージ鉄道模型として走行させることができます。

イメージはありません。

レビューはありません。

カテゴリーから探す