〔モカ割は02/03まで〕[05月新製品] A3481 新京成8000形 復活塗装 6両セット

NMA1298

24,112円(税2,192円)

定価 30,140円(税2,740円)

購入数

懐かしのクリーム+茶帯! 新京成8000形

実車紹介
1978年新京成電鉄初の冷房車として登場したのが8000形です。
両開きドアや電気ブレーキなどの新機軸のほか、2枚のガラスを用いた前面のユニークなデザインが特徴です。
第3編成より界磁チョッパ制御を採用、中間車のパンタグラフを+2基装備するなど改良されながら1985年まで増備されました。
2006年より京成電鉄乗入れに対応した改造を施工、2007年から順次VVVFインバータ制御への更新を行い、未更新車の廃車と併せて2013年までに全車の交流モーター化を達成しました。
2017年からは新京成電鉄のコーポレートカラーであるジェントルピンクとホワイトのツートンカラーに車体色を変更開始、8512編成は落成当初のアイボリーと茶色1本帯の姿に復元されました。
 
編成図
クハ8512 + モハ8024P + モハ8023(M) + モハ8022P + モハ8021 + クハ8511
 
商品概要
・マイクロエース私鉄電車シリーズのさらなる充実
・A3490(2009年3月出荷)をベースに最新の姿を再現
 ※製品の基本的な構造はこちらに準じます
・ヘッドライト、テールライト、前面行先表示器点灯、LED使用
・フライホイール付動力搭載
・クリーム色のボディに茶帯の入った8512編成を製品化
・駅ナンバリングマーク付行先シール付属
・VVVF化された床下部品を新規作成
 
オプション
幅狭室内灯(G0005/G0006/G0007/G0008) マイクロカプラー自連・灰(F0004)
 
付属品
行先シール

イメージはありません。

カテゴリーから探す