〔05月新製品〕 鉄コレ 養老鉄道7700系TQ12編成(緑歌舞伎)3両セットA

NTC1939

3,960円(税360円)

定価 4,950円(税450円)

購入数

2019年に全通開業100周年を迎えた養老鉄道。
7700系3両編成2種類を鉄コレで製品化!

TQ12編成
 モ7712P + モ7812P + ク7912

TQ03編成
 モ7703P + モ7803P + ク7903
 
養老鉄道は、三重県の桑名駅から北上して多度駅・養老駅・大垣駅を経由し岐阜県の斐駅まで結ぶ総営業距離57.5kmを運営する鉄道会社です。2019年4月27日には全線開通100周年を迎えました。
7700系は、老朽化したこれまでの元近鉄車両の一部を置き換える目的で、2018年度より東急電鉄からやってきた車両です。東急電鉄時代の趣きを残しつつ、内装を中心に、一部車両にクロスシートを導入するなどリニューアルを施しました。3両編成と2両編成が活躍を始めております。
鉄道コレクションでは、濃淡グリーンの帯が爽やかな印象のTQ12編成(緑歌舞伎)と、東急電鉄時代を彷彿とさせる前面に赤帯を配したTQ03編成(赤帯)の2種類を製品化いたします。
 
別売りパーツの動カユニットはTM-06R、走行用パーツはTT-03Rを指定、パンタグラフは<0278>PT7169-Aを推奨しています。
※展示用台座は付属しません。
※中間車のクロスシートは再現いたしません。
 
パッケージサイズ(共通)(予定)各:W170mm × H195mm × D30mm

7812編成と7903編成の2編成で、すれ違いのイメージをお楽しみください!
東海道本線(大垣駅)、関西本線・近鉄名古屋線(桑名駅)の車両たちと並べたイメージもお楽しみください!
 
別売りのNゲージ走行用パーツと動力ユニットを使用することにより、Nゲージ鉄道模型として走行させることができます。

イメージはありません。

カテゴリーから探す