A7040 719系0番台 あかべえ 4両セット

NMA1278

21,912円(税1,992円)

定価 27,390円(税2,490円)

購入数

実車
719系は1989年にJR東日本東北地区の旧型車両を置き換える目的で製造されました。0番台は仙台支社管内で使用されています。パンタグラフは菱形のPS16を搭載していますが、一部の編成はシングルアーム式に交換されています。またスカートも排雪性能を強化したものに交換されています。近年置き換えが進み廃車が発生しています。700番台フルーティアは2014年に改造されレストラン列車として運行されています。クシ718はカフェカウンター車で車内にはラウンド形状のカフェカウンターが設置されています。クモハ719は4人掛けボックスシート6組、2人掛けボックスシート4組、1人掛けシート4席の定員36名となっています。5000番台は奥羽本線標準軌区間(福島-新庄)普通列車用で1991年に日本車輌製造で2両編成12本計24両が新製され山形車両センター(現:山形新幹線車両センター)に配置されました。

商品概要
・マイクロエース近郊型電車シリーズの更なる充実
・東北地区で活躍する719系3種を製品化
・ヘッドライト、テールライト、行先表示点灯。LED使用(ON-OFFスイッチ付)
・フライホイール付動力ユニット搭載

A7040:側面ドア横にあかべえのラッピング
・クハ718は「起き上がり小坊師」も印刷
・強化スカート装着
・シングルアームパンタグラフ搭載
・フライホイール付動力ユニット搭載
・A8147フルーティアと連結させてお楽しみいただけます

起き上がり小坊師 あかべえ
編成図
A7040

クハ718-14 + クモハ719-14(M)P + クハ718-12 + クモハ719-12P

A7041:標準軌の719系5000番台
山形新幹線と一緒に楽しめます!
・標準軌の719系5000番台の改良商品
・ドア下にステップのないボディ、ボルスタレス台車装着
・車体の細帯はオレンジ色
・強化スカート装着
・シングルアームパンタグラフ搭載
・フライホイール付動力ユニット搭載

編成図
A7040

クハ718-5001 + クモハ719-5001(M)P + クハ718-5008 + クモハ719-5008P

A8147:黒+赤の前面。側面窓周りはゴールド
磐越西線のカフェトレイン
待望の再生産!
・多くのご要望にお応えして再生産!
・クシ718、クモハ719共に専用ボディ
・専用座席パーツ
・各部マーク、レタリングを印刷済
・A7040と連結させてお楽しみいただけます

編成図
A8147

クシ718-701 + クモハ719-701(M)P

オプション
幅広室内灯:G0001/G0002/G0003/G0004,マイクロカプラー密連・灰:F0002

付属品
行先ステッカー、交換用カプラー、交換用スカート

【PDF掲載:公式サイト下記URL】
http://www.microace-arii.co.jp/release/pdf/A7040.pdf

レビューはありません。

カテゴリーから探す