10-1335 165系 800番台 飯田線 急行「伊那」 4両セット

NKA1028

11,616円(税1,056円)

定価 14,520円(税1,320円)

購入数

□インフォメーション
飯田線の急行列車として活躍していた165系。
初代製品リリースから30余年を経たベストセラー商品を現行仕様の製品にアップデート。165系を完全リニューアルで製品化いたします。
飯田線内で活躍していたネームドトレインで、新宿から直通の「こまがね」、東海道線直通の「伊那」の各急行をフィーチャー。「急行=165系」の昭和50年(1975)代の飯田線、冷房改造が行われた以降の急行列車が活躍した時代の形態を製品化いたします。
165系は、国鉄初の直流急行形新性能電車153系電車の構造を踏襲し走行性能を20%アップ、勾配・寒冷地向けとして開発され、昭和38年(1963)3月から営業運転につきました。

□主な特長
●既存の165系を完全リニューアル製品。基本仕様は現行の電車製品踏襲。スナップオン台車/ボディマウントカプラー/DCC対応/先頭車連結可能/ベンチレーター別部品。フライホイール装備の動力ユニットを搭載。スムーズな安定走行を実現。
●プロトタイプは原形が非冷房の冷房改造車。昭和50年(1975)代の国鉄時代の形態を製品化。列車無線アンテナなし/原形ヘッドライト/Hゴムグレー/循環式汚物処理装置取付前/前面強化工事施工前。
●全先頭車ともヘッド・テールライト、前面表示幕点灯(消灯スイッチ付)
●カプラーは先頭車・中間部とも711系に新規採用された、新性能車両用を装備。先頭部はユーザー任意で胴受部品を取付可能。
●前面表示は無地で設定。ヘッドマーク・側面サボを含めてシール対応。


●編成図
 ■「こまがね」
 ←新宿・辰野  天竜峡→

 9号車 クモハ165-70 + 10号車 モハ164-817-M-P + 11号車 クハ165-64 + 12号車 クハ165-105

 ■「伊那」
 ←大垣・豊橋  (大垣〜豊橋間逆編成)  辰野・上諏訪→

 4号車 クハ165-129(奇数向固定車) + 3号車 モハ165-9 + 2号車 モハ164-831-M-P + 1号車 クハ165-122


□別売対応オプション
●LED室内灯 クリア 品番:11-211
●LED室内灯 クリア(6両分入) 品番:11-212

カテゴリーから探す