98678 JR 14系14形特急寝台客車(出雲2・3号)基本セット

NTO1698

15,312円(税1,392円)

定価 19,140円(税1,740円)

購入数

14系14形は、サービス用電源をスハネフ14の床下に積んだ分散電源方式の寝台客車として1971年に登場し、分割併合を容易に行える車両として活躍しました。
出雲2・3号は高速バスへの対抗策として、1989年から4号車に3段ベッドのオハネ14を連結しており、割安な料金で寝台が提供されました。
1991年から、A個室寝台を備えたオロネ14-300と、B個室寝台を備えたオハネ14-300を連結していました。

編成例
 ●特急「出雲2・3号」(1997年頃)
  ←東京  出雲市→

  (10)←スハネフ14 + (9)オハネ14 + (8)←スハネフ14 + (7)オハネ14 + (6)オハネ14 + (5)オハネ14 + (4)オハネ14(3段ベッド) + (3)オハネ14 300 + (2)オロネ14 300 + (1)スハネフ14→

  太字下線部:基Set  下線部:増Set

  ※けん引機は、東京〜京都がEF65形、京都〜出雲市がDD51形でした。
  ※閑散期の編成は、9・10号車が減車となりますので、増結セットを挟まない基本セットだけの編成でお楽しみください。

特徴
・14系で運行されていた「出雲2・3号」を再現できるセット
・オロネ14-300・オハネ14-300を除く全車にはしごパーツを再現し装着済み
・オハネ14のうち1両は3段ベッドシートを表現
・その他のオハネ14およびスハネフ14は2段ベッドシートを表現
・全車クーラーを別パーツで再現
・スハネフ14は床下発電エンジンを別パーツで再現
・B寝台の星マークは4号車のオハネ14に1つ星、その他に3つ星を印刷済み(オハネ14-300を除く)
・スハネフ14の1両はダミーカプラー・ジャンパ栓装着済み
・Hゴムは黒色で再現(3段ベッドのオハネ14はグレーで再現)
・トレインマークは「出雲」印刷済み
・JRマーク印刷済み
・車番は選択式で転写シート付属
・テールライト・トレインマークは常点灯基板装備、ON-OFFスイッチ付
・トレインマークは白色LEDによる点灯
・新集電システム、黒色車輪採用

製品内容
【車両】
・スハネフ14
・オロネ14-300
・オハネ14-300
・オハネ14
・オハネ14
・オハネ14
・オハネ14
・スハネフ14

【付属品】
・パーツ:ジャンパ栓
・パーツ:カプラー付台車枠
・転写シート:車番

パッケージ形態
ブック型プラケース

【掲載先:公式サイト下記URL】
https://www.tomytec.co.jp/tomix/products/n/98678.html

カテゴリーから探す