A6074 キハ140+47 いさぶろう・しんぺい 増備車連結 3両セット

NMA1272

13,464円(税1,224円)

定価 16,830円(税1,530円)

購入数

増備車登場・3両編成! D&S列車いさぶろう・しんぺい

実車
JR九州では1996(平成8)年、肥薩線人吉〜吉松間に「いさぶろう・しんぺい」の愛称を持つ観光列車を登場させました。2004(平成16)年3月、九州新幹線新八代〜鹿児島中央間の開業に伴って、車両はキハ40系を改造したものに変更されました。外見では展望室部分に設けられた屋根まで回り込む大型の曲面ガラスのほか、増設されたヘッドライトが特徴です。同年10月よりキハ47-9082、2009(平成21)年7月よりキハ47-8159が増結車両として追加改造され、多客期には最大3両編成で運転されています。

商品概要
・マイクロエース気動車シリーズの更なる充実
・ヘッドライト、テールライト、前面表示器点灯。LED使用(ON-OFFスイッチ付)
・フライホイール付動力ユニット搭載

A6074:古代漆色のボディ
・増備車キハ47-8159のボディ、座席を作成
・キハ47-9082はA6073・指宿のたまて箱用ボディを用いて側面ルーバー廃止や車外スピーカー等を再現
・クーラー、アンテナ、信号炎管はよりリアルな形状の部品に変更(2016年7月生産の商品と同様)
・車体各部の標記類を美しく印刷
※部品共用により床下が一部実車と異なります

編成図(A6074)
←吉松  人吉→

キハ140-2125(M) + キハ47-9082 + キハ47-8159

オプション
幅広室内灯:G0001/G0002/G0003/G0004,マイクロカプラー自連・灰:F0004

付属品
行先シール

レビューはありません。

カテゴリーから探す