トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品カテゴリ
2016-2 D51-498 オリエントエクスプレス’88
商品詳細
 

2016-2 D51-498 オリエントエクスプレス’88





■商品紹介
●D51 498号機は、昭和15年(1940)に製造され、本州各地で活躍し、昭和47年(1972)に廃車となって上越線後閑駅前で保存されていましたが、その16年後の昭和63年(1988)11月にJR東日本の手で動態復活を遂げ、全盛期さながらに活躍を再開しました。
その復活最初の牽引列車が、当時来日中だった話題の「オリエントエクスプレス’88」。その国内最終の列車を、出発の上野駅から大宮駅まで本務機のEF58 61号機の前に補機として重連で牽引しました。

◆同時期に再生産を予定しているオリエント急行各製品と合わせてお楽しみいただけます。
◆今回の製品は再生産になります。
ライトユニットが従来の白色LEDから電球色LEDに変更になります。

■製品特長
(1)498号機は、昭和63年(1988)に動態保存機として復活し、当時来日していた「オリエントエクスプレス'88」のラストラン(上野-大宮間)を前補機としてEF58 61とともに牽引したのは今なお語られます。ヘッドマーク装備や、豪華列車牽引に相応しい装飾を再現して「オリエントエクスプレス'88」のラストランを牽引した当時の姿を忠実に再現。
(2)既存の498号機とは違った「オリエントエクスプレス」牽引時の、華やかな姿を余すところ無く再現。
(3)スノープロウやキャブ後方の散水管非装備、ロッドに差された赤やテンダー側面の装飾などの違いを再現。
(4)形式名入の大形ナンバープレートを装着、「オリエントエクスプレス」ヘッドマークは装備状態で製品化。
(5)テンダー側はアーノルドカプラー標準装備。交換用ナックルカプラー付属。前面には排障器装備、重連非対応。
(6)動輪は銀車輪、先輪・従輪・テンダー車輪は黒染車輪で再現。復活当時の雰囲気を醸し出します。
(7)最小通過半径:R249

■D51 498 オリエントエクスプレス'88 編成例

 D51 498 + EF58 61 + オリエントエクスプレス'88

■セット内容
 単品
  D51 498

■パッケージ/サイズ
 D51 498
  クリアケース401

■付属品
 D51 498
  KATOナックルカプラー

■関連オプションパーツ
 -

■関連製品
 10-561/562 オリエントエクスプレス’88 5152-9 オリエント急行プルマン 4158 箱根ラリック美術館保存車
 3038 EF58 61

商品番号 NKA0590
商品名 2016-2 D51-498 オリエントエクスプレス’88
税込価格 10,800円
税別価格 10,000円
メーカー KATO
送料区分 送料別
配送タイプ 宅配便
在庫数

数量: